FXの体験談。

5年前、1ドル90円の円高で推移していた時期に、これからは上がるに違いないと思い、FXを開始した時の体験談です。

僕は一時期海外在住していたこともあり、銀行口座を海外に持っていたのでFXも海外口座を利用して始めてみようと思いました。

FXの業者は世界中でたくさんあります。今やインターネットさえあれば日本からでも取引することができますが、海外業者であるゆえ、何を基準に選んでよいのかお悩みの方も多いと思います。
参考:海外FX比較ランキングcom | 人気で安全な海外FX業者を徹底検証!

海外業者の口座開設する会社の良し悪しを調べている間に1ドル85円になっていました。
証拠金維持率、ロスカット、スプレッド等を真剣に調べて、絶対に損をしないように調べ、預ける金額には余裕を持たせていざ取引開始。

少しでも利益が出ると待ち切れずに、すぐに決済をしていました。
また、仕事中に不安になりたくないので、未決済の建玉は絶対に翌日に持ち越さないようにしていました。

しかし、FOMCや雇用統計で、一晩のうちに、このまま決済すると今までの利益を全て持っていかれるぐらいの損失を出してしまい、未決済のまま翌日に持ち越しました。

1ドル75円まではロスカットされないように計算していましたが、更に円高は加速。さすがに怖くなってしまい、今までの利益がなくなる覚悟で決済をして、デイトレードは引退しました。

今は、スワップポイント狙いで、政策金利の高いアフリカランドのみ、5年ほど長期で保有しています。

さや取りは、資金管理が面倒なのでしてません。

FXで勝てない理由

「FXで勝つための必勝法」など様々な美味しい話をよくみかけますが、結局のところ結論はほとんど同じです。
それは、「過度な欲をかかないこと」です。

これは、あらゆるギャンブルに共通しています。
特にFXの場合だと、1万円位の少額であれば簡単に勝てるのに、負けるときは何十万円と大負けするという人が多いのではないでしょうか。

人は誰でも「利益は早く手にしたい。損はなるべく先送りにしたい」とい心理を持っています。なので、勝つときは少額になってしまい、負けるときは大きく負けてしまうということです。

それでは、過度な欲をかかないでトレードするとはどういうことかというと、それは「勝ち負けを意識しないでトレードする」ということです。
ちょっと勝ち始めると毎日レート画面とにらめっこという人が多いと思いますが、まずそういう人は勝てません。小さく勝って、大きく負けます。

FXで大きく負けないためには、十分な保証金を持ち、無理な建玉を持ちすぎない。損切のルールを決める。まあ、たいていの人はそれくらいのことに気づいているのですが、人間とはなかなかできないものなのですよね。

確定申告の為にもFXの入出金管理を

現在はFXで獲得した利益にも税金がかかるので、自己の損益を知る為だけではなく、確定申告時の正しい税額計算の為にもFXでの入出金を管理しておく必要があります。

FXをするにおいては、給料振込や公共料金支払いに使う日常用の口座とは別に
口座を設立し、その口座はFX取引でのお金の出入りだけに使う事、そして、必ず毎月の始めにFX用口座に記帳する事でその年度の
FXでの損益を知る事が出来るはずです。

FXで得た利益は、それが個人で行っているものならば雑所得として確定申告で
計上されます。雑所得にはFXでの収入以外にも、外貨預金利息やネット副業での収入や投資信託での利益も含みます。

サラリーマンの場合、これらの収益が合計で年二十万円を超える場合は確定申告で雑所得がある事を述べて、給与所得に雑所得を
加えた金額を基準にその年の所得税を支払う事になります。

雑所得の申告を怠ると、会社の方に請求書が届き副業の事を注意されたり、最悪の場合、所得隠し扱いとなり未払い金を支払う事になってしまいます。

早朝の取引はおすすめです

FXは株式市場が開いている時間など変動が激しい時に大きな利益を狙うのが魅力的な商品です。しかしリスクが大きく一歩間違えると大きな損失を伴う恐れが出てきます。誰も損はしたくないと思いますので、その為には何が必要なのか多少損失という授業料を払ってでも学ぶことも大切です。

私自身も何度も損をしながら自分に合った投資の方法を探っていました。そして早朝取引という方法を見つけました。必ず損をしないという保証は出来ませんが、値動きがあまりない為スキャルピングという短期売買に有効です。

早朝取引とは朝7時から8時までの早朝で株式市場に関連する情報がまだ少ない時間帯に取引する方法です。市場参加者も少なく一度に大きな利益は狙えませんが短期で売買するため損失も少なく高い確率で利益が狙えます。私はこの方法で月に15万円程稼いだ事もあります。

15万円は少ないのですが損をなるべくしたくない私には十分でした。自分に合ったやり方で投資するのが一番損失を軽減してリスクの少ない方法だと思います。

どこから手をつければいいのか?

よく聞く言葉ではありますが、イマイチどういったものかがわからないのが現状。
「副業にしているよ」という人もいますし、本業として結果を出している人もいます。
自分もチャレンジしたいなと思っていますが、どこから手を付ければいいかがわからない。
そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

初心者でも簡単!とは言いますが…

・何も知らないのに稼ぐことが出来るのか?
・自己資金がいくら必要なのか?
・いつ、どのタイミングで始めれば効率が良いのか?

色々な疑問や不安がある。私もそうです。
簡単にですが、上記のことを調べてみました。

《為替相場が上昇・下降することを予想する》
《数千円から始めることが出来る》
《今が始めるチャンス》
…これだけを言われてあなたは手が出せますか?
すごく興味がある私でも、気持ちの10%程しかやる気持ちが起きません。

初心者でも十分に理解できる。
より興味を惹かれる魅力的なもの。
明白なメリット・デメリット。

これらを記載した情報誌や情報サイトが充実して欲しいものだ。

リスクを考慮した取引を

FXは過去にしたことがありますが、最初はラッキーパンチで儲かっていましたが、調子に乗ってスプレッドをかけて取引したところ、逆に為替が動いてしまい損をしてしまいました。

スプレッドの倍率をおおきくしすぎるとすぐにロスカットに引っかかって、精神衛生的にも悪く、我慢が出来ずに損してしまうと思います。最初のころは、何故、為替が動くのかが分析できずに行うのはリスクが高いと思います。

やはり、雇用統計等の経済指標をや世界の流れをきちんと知ったうえで取引はおこなっていく必要があると思います。現在はFXは積極的には取引をしていませんが、大きく為替が変動した時がチャンスととらえ、戻りを利用してこつこつ儲けていく手法をとっています。

これが最もリスクが低いと考えています。スプレッドはやはり小さいほうがよいので、比較検討を行い、FX会社を選ぶといいと思います。自動売買はこれまで行ったことはなく、今後もしないと思います。